バナー

キャッシュフローの改善にファクタリングを活用する

企業間の取引は一般的に掛け取引で行われます。


商品やサービスを提供した場合は、契約によって決められた支払いサイトに応じて、後日代金が支払われます。

weblio辞典の情報はこちらです。

このようなケースでは、購入者側である債務者は代金の支払い期日に余裕が出来る為、資金繰りの面でメリットがありますが、商品を販売した側の債権者はすぐに現金を手に出来ないことになってしまいます。

ファクタリjングとは情報をお教えします。

商品を売ったにも拘らず資金繰り面が良くなりませんので、最悪の場合黒字倒産に陥る可能性もあります。



また売掛先企業の代金の支払い不能などのリスクも発生します。

その様な危険性を回避するためには、ファクタリングサービスの活用が得策です。ファクタリングとは、債権をファクタリング会社に買取ってもらうサービスのことです。

買取ってもらうことによって、回収期日が到来する前に現金を手にすることが出来ますので、キャッシュフローの改善になりますし、売掛先企業の支払い不能などのリスクも回避することが可能です。
ファクタリングのメリットとしては、債権を買取ってもらった段階で債権回収の義務が無くなりますので、売掛先企業が万が一倒産した場合でも、代金を支払う必要はありません。

ただし債権は満額で買取ってもらえる訳ではありませんので、一定額の負担を負う必要はあります。


掛け目は売掛先企業の信頼性によって異なりますので、信頼性が高い企業の場合は9割以上の買取額となりますが、信頼性が低い企業の場合の買取額は7割程度のなるケースもあります。