バナー

資金繰りが苦しくなる理由

会社を経営していると、資金が不足することがあります。

それも、会社が赤字経営に陥った時だけではありません。


販売している商品や製品がよく売れて、工場が高操業状態で景気が良い場合でも、資金繰りに苦しくなることがあるのです。

togetterの情報もあります。

その理由は、入ってくるお金と出ていくお金の差だけではなく、両者のタイミングの違いもあるからです。

ものを生産したり販売するといった企業活動を行えば行うほど、損失が膨らむ場合があります。

その理由は、製品や商品の価格のつけ方に問題があったり、原価計算に問題があるためです。

会社が作り出す製品やサービスに付与される付加価値よりも、その付加価値を付与するために必要なコストが多くかかる場合、会社は決して利益を上げることはできません。

この場合、いくら新たに資金を調達してきても、その会社が活動を続けているとその資金がなくなってしまうのですから、資金繰りは苦しくなる一方です。



この場合、その会社に入ってくるお金と出ていくお金の差、即ち収支バランスが悪いために資金繰りが苦しくなります。

一方、製品やサービスに必要なコストよりもその価格の方がずっと高く、会社は高い収益を上げることができていて、しかも売れ行きも好調の場合でも、資金繰りが苦しくなることがあります。
収支バランスは悪くないのに、資金を調達することができない場合があるのです。

その理由は、一般的に製品やサービスを販売した代金は、それらを販売した後に回収することになりますが、その製造コストは、販売前に必要となるからです。

例えば一か月先には莫大な利益が得られることが分かっていたとしても、その時点で資金が不足していれば、調達する必要があります。

しかも、製品やサービスが好調に売れてたくさんのコストが必要となれば、たくさんの資金調達が必要となります。

資金繰りにまつわる情報をまとめています。

その結果、借りられる限度まで達してしまい、資金繰りが苦しくなるのです。