バナー

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、企業が所有している売掛債権を回収し、その代わりに資金を提供すると言うシステムです。


一言でファクタリングと言っても、多くの種類があります。まず、補償するためのものがあります。

債権の回収を行いますが、万が一債権者が債権返済ができなくなってしまった場合に、代わりに債権を支払います。

weblio辞典のホームページをチェックしましょう。

もしものときの保険として役に立ちます。



ファクタリングを行うと、次のようなメリットがあります。一般的に、銀行で借入を行うと、担保などが必要となりますが、このシステムを利用すれば、担保が必要ありません。
また、債権とはみなされません。万が一債権者が債権返済不能に陥っても、会社側が代わりに負担してくれます。


企業経営に必要なリスクマネジメントに加えて、資金調達を同時に行うことができると言うメリットがあります。

そのため、最近多くの企業が利用するようになってきました。

日本では最近まであまりなじみがありませんでしたが、欧米などの海外では広く行われてきたシステムです。

今では中小企業でも利用する人が増えてきていますが、売掛金を早い段階で現金化すると言うことは経営を行ううえで、非常に大切です。

ただし、利用する際には、それなりの知識や正しい判断が必要となります。

現金をすぐに準備することができないと、企業としては致命的になりかねません。

また、中小企業では、一般的な銀行や不動産に比べても、リスクは少ないと言えるでしょう。

ファクタリングの情報はかなり役に立ちます。